2019年06月22日

『いのちの田圃(たんぼ)』222号


tanbo222.jpeg













今号は、ガンを治し、輝く人生を手に入れた人たちの感動の体験を紹介するシリーズ「いのちの太陽たち」。U期の胃ガンを、手術をしないで治した小池上さんの貴重なご体験です。
病院の治療を受けず、ガンを治す…一般的にはガンの「自然退縮」と言われていますが、ガン患研では「自助退縮」と呼びます。なにもせずに自然に治ったのではなく、食事や生活習慣を改め、懸命に自助努力を行なってガンを退縮させたのですから。
小池上さんは、なぜ手術をしないことを選び、そして、どのようにして自助退縮したのでしょうか。じっくりお話をお聞きしました。

そして、特別寄稿、玄米菜食研究家高畑康子先生の「夏の簡単料理」。疲れている時、梅雨時の体調がすぐれない時、グレードを保ちつつ「手間を省く」料理の知恵。常備できる味噌、納豆、麹などの発酵食品の助けを借りながら、簡単でおいしい料理で夏を乗り切りたいですね!

posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 15:59| 月刊『いのちの田圃(たんぼ)』

2019年05月05日

待望の講演会開催が決定しました!

お待たせしました!

ガンの患者学研究所主催 列島縦断講演会
「どんなガンでも 自分で治せる!」
   〜治す戦略、治る確信〜

9月14日(土) 福岡にて開催します!

img025_20.jpg













※まもなく、ガンの患者学研究所ホームページからのお申し込みが可能になります。
 準備が整うまでもう少しお待ちください。
posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 12:12| お知らせ

2019年04月30日

『いのちの田圃』220号

田圃220.jpeg













お知らせが遅くなりました!
『いのちの田圃』220号、4月10日発行。
すでに会員さんのお手元に届いています…。


主な内容

巻頭企画…鎌田副代表の渾身の書き下ろし
『大逆転の思考』
 頑張っているのにうまくいかない人(なぜか頑張れない人も)と、着実に成果を積み上げて治る人との差は、「ガン=死」というマイナス・イメージを乗り越えられるかどうかにかかっています。
〜(中略)〜
一刻も早く、「ガン=死」のイメージを吹き飛ばして大逆転してもらうために、今回はタブーとされるようなところまで、あえて踏み込んで考察をしていきます。
覚悟を決めて、読んでください。
〜〜〜本文リードより抜粋〜〜〜


……なかなか治らない…それはなぜか? 大きな壁を乗り越えないとこれ以上前に進めない。では、その大きな壁とは何か? どうやって乗り越えるか? 頑張っている人への心からのエール! 


食べて治す〈食箋〉実習会レポート
「感じて、書いて、口に出す… 〈体感力〉徹底訓練で〈治す力〉跳躍!」

 …去る3月10日〜11日開催された、ガン患研ならではの画期的な〈食箋〉実習会の報告です。
〈食箋〉とは、端的に言って食べる薬。毎日の食事と違って、辛い症状を、緩和してくれる食べ物のこと。
さて、この実習会はどこがどう違うか? やっぱり、〈体感力〉をとても重視していることでしょうか。
〈体感力〉を徹底的に訓練し、飛躍的に治る力をアップさせるために開発されたのです。
治す方法は、様々。新しいやり方がプラス。治る患者さんがどんどん増えますように!!






posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 18:29| 月刊『いのちの田圃(たんぼ)』