////////////////////////////////////////////////////
 大芸術祭 アイコン.png ガン患研大芸術祭
   殻を破って命炸裂 ! 生き抜くことが芸術だ !
   すべての会員一人残らずの参加を目指して・・・
   実行委員メンバーは、着々と準備を進めています。

1「やってみたいことリスト」← こちらをクリックしてください。
 
2「第一期・参加仮申し込み」 ←こちらをクリックしてください。
////////////////////////////////////////////////////


2020年12月14日

『いのちの田圃』240号が刊行されました!

2020年12月号(240号)は、
ガンを自分で治すってことはどういうことか、よく分かると、
大好評の「Q&A版」です。

240号表紙.jpg













今月号の担当は、代表川竹文夫。

ちょこっと内容をご紹介しましょう…。

「まずい玄米を食べるくらいなら、死んでもいいから
好きなものを食べたほうがいいと思うけど、どうでしょう」
…よくある質問ですね…。

それに対して、まず、この質問は〈破滅的〉でなげやりと指摘。
「勝手にどうぞ」としか答えられない。
一方
「玄米を美味しく食べるのはどうすればいいですか?」
という質問は、〈建設的〉で未来に向かう質問。
そらなら、答えようがある。

このように、質問の仕方が間違っていると、良い解決法は得られない。

…なるほど。そして良い質問に対して、玄米をおいしく食べる
方法を答えていきます。

…質問の底に潜んでいる問題点を炙り出して答えていくやり方で
 まさに目からウロコの連続。

そのほか「ポジショントーク」に騙されない方法など
今月号も、おもしろくてためになります。

posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 15:53| 月刊『いのちの田圃(たんぼ)』

2020年12月03日

オンライン講演会開催します!

2021年1月24日 オンラインで講演会を開催します!

ONLINE2021.1.jpg















今日の横浜は、真冬並のこごえる寒さ。
ここのところ続いていた空気の乾燥が少し緩和されたとはいえ、
外に出たくない日です。
半身浴で心身を温めて、過ごしたいものですね。

さて、9月に開催して、大好評だったガン患研「オンライン講演会」、
次回は来年1月24日に開催されます。

全国どこからでも、ご参加できます。
もちろん、時差さえ乗り越えれば、外国からも!
(前回は、香港からの参加者がいらっしゃいました)

このブログも、外国からみてくださっている方が
いらっしゃるかもしれませんね。

「コロナ禍のなかでの代替策としてのオンライン」
ではなく、オンラインならではの、新しくて
迫力のある、魅力的な講演会にしようと
代表川竹文夫はじめスタッフ一同、
張り切っています。

オンラインでお目にかかりましょう!

↓ 詳しくは、ガン患研ホームページをご覧ください。

https://naotta.net/lecture-event/

posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 16:12| お知らせ

2020年11月20日

日本経営合理化協会秋季セミナーにて代表の川竹が講演しました!

お知らせが後になってしまいましたが、
今年(2020年)9月、ガン患研代表の川竹文夫が、
なんと、日本合理化協会の秋季セミナーで講師を務めました。

「なんと」と思わずつぶやいたのは、
久しぶりの外部講演、しかも、主催は「日本合理化協会」。
社長さんたち対象の経営セミナーでの講演でした。

しかも、しかも、演題は
「〈社長の養生訓〉・ガンを寄せつけない生き方、治し方」

今まで、川竹は予防には関心がないと言っていましたが、
「社長たるもの、死んではならぬ」と、初めてガンの予防を
テーマにしました。

社長の養生訓.jpg









…なんで今頃か…というと
実は、この講演がCDとなって日本合理化協会から販売されていますが、
とっても好評ということで、お知らせとなりました。

ちなみに、内容はもちろんのこと、
講演会お決まりのプロジェクターを使わず、
手書きのパネルを何枚も用意して、
それを掲げながらの熱弁が、評判だったとか。

さすが、元NHKディレクター、
映像を意識した見せ方ですね。

人と同じことは嫌いという、いかにも川竹らしい
やり方でもあります。

↓興味のある方は、下記サイトへ
https://www.jmca.jp/prod/11632

posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 16:26| お知らせ