2017年07月03日

京都・大阪支部有志で街頭配布


IMG_1289.JPG













阪大病院前で6月24日、『すべては、あなたが治るため』配布活動を行いました。
初めての試みである京都・大阪支部合同例会実施と同日午前中に、有志にて阪大病院前で小冊子の配布を実施いたしました。
この活動を定期的に開始し早半年。いつも佐藤さんにご準備いただき、本当に頼りになるリーダー、皆をぐいぐい引っ張ってくれています。ありがとうございます!皆さん手馴れた段取りで、バス・モノレール降り場を通り病院へ向かう方々、近隣の薬局など、阿吽の呼吸で次々に配布活動を開始。午後の例会に期待が高まる中、心軽やかに、配布する声掛けのトーンも上がってきます。
あるご夫婦が立ち止まり、ガン患研の活動内容について教えてほしいとの依頼が。膵臓ガンの疑いがあり、更に骨髄の検査の必要があると言われ、これから自分はどうなるのかと途方に暮れていたというご主人。吉岡が対応し、活動内容の説明とともに、自らの体験をお話ししたところ「とても勇気づけられました」と言っていただきました。「また是非お会いしましょう!」と別れ際は笑顔で病院へと向かわれました。
一人でも多くの方に希望と勇気を届けたい。その気持ちが少しでも届けることが出来た、素敵な一日となりました。
京都支部 吉岡
 
posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 06:14| 『治るため』街頭配布

2017年07月01日

おそろいのピンクのウィンドブレーカーで元気よく配布!


__ 3.JPG










5月20日土曜日、支部例会の後、名古屋金山駅明日なる金山前で、『すべては、あなたが治るため』を配布させて頂きました。太田さん、林さん、小松さん、山本さん、倉上で行いました。五月晴れの少し熱いくらいの晴天の中、ピンクウインドブレーカーを着て、準備をしている時、ふと横を向くと林さんが笑顔で道ゆく方々に、どんどん手渡されていきます。私達も林さんに続けとばかり配り始めました。
最初はなかなか受け取ってもらえなかったのですが、林さんから「笑顔の革命だよ。あなたの笑顔もなかなか良いよ」という言葉に励まされ、笑顔で配布していくと受け取ってもらえました。その後も皆さんの必要な方に届いて欲しいという願いと、笑顔の革命につながる思いが通じたのか、100部を1時間弱で、配り終えることができました。
「何?この本?」と聞かれたので「ガンの治し方が書いてあります。ぜひ読んでみてください」と声をかけると「読んでみるはね」と言われたご夫人や高校生の男の子や女の子も受け取ってくれました。ガンが若年化している今、幅広い年齢の方々に『すべては、あなたが治るため』を手渡していける街頭配布は、とても意味のあることだと思いました。
そして、もっと多くの人に、ガン患研を知ってもらえる機会。
これからも、街頭配布に取り組んで行きたいと思います。
名古屋支部 倉上


__ 2.JPG

__ 1.JPG














posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 16:38| 『治るため』街頭配布

2017年05月30日

『どんなガンでも自分で治せる』全国の書店で販売中!


  donnasyoten.jpg











今月24日発売、川竹文夫編著『どんなガンでも自分で治せる!』
横浜市の鴨居ららぽーと紀伊国屋書店で、かなり目立っていました!

全国のガン患者さんとご家族の方、ぜひ、ぜひ、読んでくださ〜い!

そして、治った先輩がたくさんいる! 自分で治せるし、自分でしか治せない! ってことが当たり前のことになりますように!

皆さんも、お近くの書店で見かけたらぜひ写メってくださいね!

posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 06:25| お知らせ