2017年08月28日

阪大前での配布

naorutame.jpg








街頭配布のご報告です。
8月16日に阪大病院で配布。バス停におられた女性(70才代)に「ガンで苦しんでおられる方に」と声をお掛けしたところ、「私ガンでもう治らないねん。薬で食欲も無いし気分も悪く死を待つだけやねん」とのこと。ガン患研の話をし、「諦めないで希望を持って」と話したところ、とたんに元気になってこられ、「この冊子一生懸命読むわ本当にありがとう」と笑顔でバスに乗っていかれました。
やはり街頭配布していて良かったキャラクター(万歳)清々しい気分になりました。ありがとうOK!2手(チョキ)顔1                   
佐藤之俊



posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 08:43| 『治るため』街頭配布

2017年07月17日

定時定点…毎月1日配布

 定時定点、毎月1日、朝8時15分、名古屋駅桜通口にて、配布開始です。

7/1街頭配布.jpeg

 昨日からの悪天候の中、開催を決めかねていると、参加宣言して下さっていた倉上さんの思いで、雨具持参の開催になりましたが、どんどん雲が切れ、天は明るくなったのです。
 街頭配布の顔になってきた林さん、小松さん。「土曜日だから人通りが少ないね。あ、ありがとうございま〜す!」
 夢中になって駆け寄ったら、敷地の境界線に飛び込み、「あ!、すみませーん」
 しっかり1時間で150冊、貴重な1冊が、新しい方の手元に渡っていました。



 この日のアフターは、紅茶を飲みながら、手当て実習会での体験談を‥
 「ビワ温灸のツボの位置が違っていて、直されました」
 「わたし、TA、そして、次インストラクターに進みたい!」夢のステップに一歩ですね。そして「これを機会に、一気に治します!」と。  
 苦しみを乗り越え、自立のレベルに来た同志に、笑顔とエールを送ります。

5123OogNO0L._SX328_BO1,204,203,200_.jpg

 6月に発売された“どんなガンでも、自分で治せる!”を読んで‥
 「佐藤之俊さんの真似をして、アハメーションを、大声出してやっています!」
 
“ガンは治る”のメッセージを何度も何度も、いくつもの体験談から受け取る事ができる素晴らしい1冊です。







 皆さん、配布お疲れ様でした!
 再開を約束して梅雨空に光を受けながら、解散しました。

普及リーダー
太田 和江

posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 14:06| 『治るため』街頭配布

6月名古屋、例会後の配布


naorutame.jpg








 毎月、名古屋支部例会後は、無料配布誌「すべては あなたが治るため」の街頭配布で笑顔の革命実践の日です。名古屋支部の街頭配布は毎月1日と月2回です。6月17日の支部例会後は、ピンクのユニホームと帽子をかぶり、三越百貨店前で小松さんと二人で冊子50部を配布しました。いくら少人数になろうとも、冊子の配布は続けます。人はまばらでしたが、歩行者の方のところまで駆け足で行き、笑顔で相手の目を見て、「ありがとう」と言って手渡すと、快く受け取ってくださいます。
 「歩くこと」と「笑顔」と「ありがとう」という言葉を発することは自分にとっても、とても気持ちよく、免疫力を高めます。配布誌をよく読んで、治っていただくことを祈りながら、楽しんで、「笑顔の革命」と「恩送り」を続けていきます。
 名古屋支部 林志郎

posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 13:56| 『治るため』街頭配布