2019年03月15日

『いのちの田圃』219号が発行されました!

田圃219.jpeg








 『いのちの田圃』219号





大好評副代表を囲んで座談会シリーズの「ガンは自分で治す病気!〜鎌田副代表と見事に自助退縮を果たした〈治ったさん〉たち〜」完結編です。

ガンの自然退縮…現代医療の治療を受けずにガンが消滅することを指します。けれどもガンの患者学研究所では、なにもせずに自然に治ったのではなく、治るために懸命に自助努力をした結果、現代医療の治療を受けずにガンが消えることを、〈ガンの自助退縮〉と名付けています。
座談会「ガンは自分で治す病気」に登場してくださったのは、現代医学では奇跡と言われている自助退縮(自然退縮)を果たした方達。
ガンが見つかった時点で医者から治す方法はないと匙を投げられた人、手術、抗ガン剤、放射線治療を徹底して受けた末に、もう治らないと告げられた人、入院中に目にした三代医療の悲惨さに、自分で治そうと決意した人、患者に寄り添うことのない医者に自分の命を委ねることを拒否した人、自分で治せる方法があるのなら、それにかけることに命がけで挑戦した人…。
スタートは様々…しかし、ガン患研の理念に学び、懸命に実践してガンを消滅させた人たちです。病院での検査で、ガンが消えていたのですが、医師の反応は、奇跡…! しかし、その奇跡を起こすためにこの人たちはどんなことをやって、そして、どんな境地を得たのでしょうか!

全てのガン患者さんに読んでいただきたいシリーズの完結編です!

posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 11:32| 月刊『いのちの田圃(たんぼ)』

2019年02月28日

『いのちの田圃』218号

田圃218.jpeg












『いのちの田圃』218号
すでに会員の皆さんのお届け済み…。
 (ブログでのご紹介が遅くなってしまいました!)

この号は、2018年11月に見事認定された〈治ったさん〉、〈当確さん〉への川竹 代表からの温かいエールに満たされています。
〈治ったさん〉とは…ガンがすっかり治った人。ただし、一般に言われているようにただ単にガン発病から5年経って検査に異状がないというだけでなく、ガンになる前より心身ともに健康で幸せであるという、ガン患研独自の厳しい基準をパスした人だけに認められる。
〈当確さん〉とは…あと一年で確実に〈治ったさん〉になれると認められた人。

さらに、新しくスタートする「食べて治す〈食箋〉実習会」。
熱いタオルを当てたり、パスタを貼ったりする手当てだけでなく、食べる手当てもあるのです。
〈食箋〉は、食べ物で身体の中からも治る力を高めていきます。
この実習会では、どんなときに、なにを、どう作って食べればいいのか? そのメニューと技術の習得を目指すだけでなく、「自分で治す」ために、非常に大切な、〈体感力〉をクローズアップ!

posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 16:49| 月刊『いのちの田圃(たんぼ)』

2019年01月27日

この冬、はまっているもの…ゴボウ

「ゴボウ」なんて、ゴリゴリ固いだけで、栄養も何もなく(…と思っていました)、おまけに皮むき、アク抜きなどがほんとに面倒。そんなわけで以前はあんまり、というかほとんど食卓に載せることがなかったのですが、玄米菜食を始めてから、変わってきました。
ガン患研の治すテキスト『治る食事』によると、皮むきはたわしでこするだけ、アク抜きはやらない方がいいという…。これは楽だと、ちょくちょく料理するようになって、数年経ちました。と、なぜか今年の冬はなにかというとゴボウが登場しています。
定番のキンピラはもちろん、煮物、サラダ、味噌汁…ゴボウを入れることでとても味わい深くなる。何十年もゴボウの味を知らずに過ごしてきたのが、ああ、もったいなかったなと思うことしきり。数年の間にゴボウの持つ魅力が身体に沁みてきたのでしょうか。

ちなみにネットで検索するといろいろゴボウの効能が紹介されています。
まず、なんといっても植物繊維。整腸作用があり大腸ガンを予防。血糖値の上昇抑制やコレステロール排泄。ガン予防や老化抑制、などなどすごいですね。
しかし、いくら効能があるといってもおいしく食べられなくちゃ身につかないよね、と〈にわか〉にゴボウ好きになったものが思うのであります…。

☆このコーナーでは、取材や編集を通して、ハッと心を動かされたことなどを綴っていきます…。今回はあまり関係のない、「ゴボウ」のお話でした。


posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 15:15| Comment(0) | 『いのちの田圃』編集部です