■ガン患研オンライン動画有償配信のお知らせ■
動画共有サイトVimeo(ビメオ)にて好評配信中!
 https://vimeo.com/naotta/videos



2021年01月07日

芸術祭・「私は、こんなことをやってみたい」リスト

大芸術祭 アイコン.png   第Zero回 ガン患研大芸術祭

 殻を破っていのち炸裂! 生き抜くことが芸術だ!
 


「私は、こんなことをやってみたい」リスト
     
     ※    ※    ※        

 無垢な太陽の光に、あなたのいのちはいよいよ輝き、大芸術祭の年がやってきた!
 古今東西世界唯一無二。「見るだけ」はなし。
 参加者全員一人残らず、「必ず何かやる」決まり。
 やることは何でもいい。「何でもあり」というルール。

 すべての会員、すべてのご家族の参加を!!!
                NPO法人ガンの患者学研究所代表 川竹文夫

     ※    ※    ※     
                   
↑と、川竹代表は今日も、燃えに燃えています。
でも、「何でもあり」と言われても、実際にどんなことをすればいいのか、
戸惑われる方もいるでしょう。そこで以下のようなリストを作ってみました。

これをご参考に、申し込みフォームの「やりたいこと」欄に、あなたやご家族の「やりたいこと」を、
「幾つでも」「好きなだけ」書き込んでいただきたいと思います。
少し長いですが、ぜひ最後まで読んでください。
                 ガン患研「大芸術祭」実行委員  中村裕美・太田和江 

     ※     ※    ※ 

■魂の叫びの部■

 「私は、〇〇ガンを消しちゃいましたーっ! 」
 「私は、〇〇ガンが治って○年。新しい人生を満喫していまーす!」
 「私は、○年○月までに、必ず、ガンを治しまーす!」
 あなたのお気に入りの山や海岸で、あるいはいつもの公園で、
 こんな言葉を、全身全霊、魂込めて叫んでください。
 方言で叫んだりするとなおさらいいですね。その様子を動画に撮影します。
 「芸術なんて敷居が高い」「私は、何もできない」。
 尻込みするあなたも、叫びなら、必ずできるはず。
 しかもこれこそ、世界唯一無二、ガン患研大芸術祭の最も中心テーマなのです。


  えっ? ただ叫ぶことが
   どうして芸術なのか、ですか?  

   川竹代表は、こんな説明をしています。
  「大学時代、私の専門は〈美学・芸術学〉。美とは何か? 芸術とは何か? 
   これを哲学的に考察すること。
   自然の山や海を美しいと感じるのは、それに触れる人の心に、
   非日常的な緊張関係(感情の激しい起伏・さらには自己変容の促し)が生まれるから。
   その構図は、芸術作品もまったく同じ。ただ決定的に違うことが二つ。
   芸術には、それを生み出す人の〈意図〉と、それを作品に仕上げる〈技術様式〉が
   存在すること。
  「私はこうしたい」「私はこうありたい」「これが私の願い。私の祈り」・・・その意図を、
   音色やリズムという技術様式を使って実現すれば、音楽。色彩や構図を使えば、絵画。
   こうして優れた芸術家は、自然以上の感動を生み出すことができる。
 
   では、特別の技術を持たない人たちは、芸術を生み出すことはできないのか?
   とんでもない!! 「魂からの叫び」には一切、技術など要しない。
   いや、「魂からの叫び」が根底になければ、あらゆる芸術作品は成立しないのだから、
   つまりこれこそが、芸術の純粋な姿なのだ! 
   そして「魂の叫び」ができない人など、一人も存在しない!  だから。
   この部門には、すべての会員が、まず真っ先にエントリーしてほしい!」

  私たち、実行員もまったくそう思います。
   技術も何もいらない。必要なのは、申し込むときの、ちょっとした勇気と勢いだけです! 
   お待ちしております!

 

■治す頑張り世界遺産の部■
 全会員一斉ウォーキング 1000日ウォーキング 全身生姜罨法プチプチシート
 罨法タオル美麗干し 味噌作り 梅干し作り 治す替え歌 絶品玄米おにぎり 
 料理自慢キッズ 証言「治すために私はこれを捨てた!」 90日ノート全集 
 治すアファメーション ヨガ 気功 治す腕立て伏せ・・・などなど


  「魂の叫び」と並んでこの部門も、
  全員が参加できるのではないでしょうか。
  なぜって、治す頑張りの根底には、「何としても治したい!」「治して、もう一つ、人生をおかわりしたい!」
 「治して、本当の自分を生きてみたい!」という「魂の叫び」が、マグマのように湧きたっているはず。
  だからこれも、立派な立派な、芸術です。そうですよね、代表!


■文芸の部(あなたの創作に限ります)■

 詩 短歌 俳句 小説 戯曲 エッセイ 紀行 絵本 伝記 自伝・・・などなど。

   えっ? 絵本は美術じゃないのかって?
    私たちも良く分からないのですが、とりあえず、ここに入れてみました。

   えっ? 長編小説や戯曲をどうやって
   発表するのかって? これから考えます。アイデアがあれば、ぜひ教えてください!


■美術の部■
平面
 日本画 洋画 水墨画 版画 浮世絵 イラスト 銭湯ペンキ絵 凧絵 大津絵  
 ちぎり絵 押し絵 穀物画 絵手紙 書 写真 ・・・などなど


立体
 折り紙 千羽鶴 彫刻 彫塑 郷土玩具(南部駒、赤べこ、土人形、)
 オブジェ 生花 フラワーアレンジメント 特殊メイク ネイルアート 建築 
 各種デザイン・・・などなど

    えっ? 
   建築と折り紙と特殊メイクが一緒なんて強引すぎる? ま、いいじゃないですか楽しければ。

   えっ?  
   各種デザインって大雑把すぎる言い方じゃないかって?
   そうですね。でも名案が浮かばなくて・・・ごめんなさい。

   えっ? 飴細工はどうかって?
   もちろん立派な美術です。ぜひ参加してください。


■工芸の部■
 陶器 漆器 草木染め 金工 彫金 ガラス細工 七宝 竹細工 藁細工・・・などなど

■音楽の部■
演奏 
 津軽三味線 三線 尺八 琴  琵琶 龍笛 能管 二胡 ギター、エアーギター 
 マンドリン オカリナ ケーナ ピアノ シンセサイザー エレクトーン 
 トランペット ドラム アコーデオン 口笛 シロフォン 和太鼓 ・・・などなど

   えっ? 空かん音楽? のこぎりバイオリン?
   スコップ三味線?  みんな素晴らしい!  


歌唱
 演歌 民謡 ポップス アカペラ パンソリ ホーミー ファド 合唱 詩吟・・などなど

■ダンスの部■
 日本舞踊 ジャズダンス ヒップホップ コンテンポラリーダンス フラダンス 
 フラメンコ 社交ダンス タップダンス リバーダンス・・・などなど


■民族(郷土)芸能・民舞の部■
 えんぶり 鬼剣舞 阿波踊り YOSAKOI 獅子舞 手踊り・・・などなど
  えっ?
   もっとたくさん素晴らしいものがあるだろうって?  はい。
  全国各地の「お祭り」「郷土芸能発表会」「民俗芸能大会」などで見られるものはすべて含まれます。
  郷土自慢・郷土愛をぜひ、爆発させてください

  えっ? なんで「えんぶり」が最初かって?
    たまたま浮かんだだけでして・・・。

  えっ? 一人じゃできない?  
    もちろん、いつもの仲間と一緒に。大歓迎です! 
    仲間は会員さんじゃなくてもOK!
    祭り本番で、あなたが躍り狂っている様子を撮影するといいですね。


■総合芸術の部■
 映画 ビデオ アニメ 漫画 ミュージカル 能 狂言 大衆演劇 オペラ 
 パントマイム 紙芝居 影法師アート ガムラン 一人芝居・・・などなど

   えっ? そうですね。
   これも仲間と一緒、大歓迎です!

   えっ? 「歩き始めた孫娘」というビデオ作品?
   うーん、代表がね、きっとダメだって言うと思います。
   「何でもあり」だけど、これは避けた方が無難かも・・・。


■環境芸術の部■
 日本庭園 ガーデニング 盆栽 盤景 菊人形 ・・・などなど 

■演芸の部■
 落語 漫才 漫談 講談 浪曲 マジック ものまね 水芸 南京玉スダレ 百面相 
 声帯模写・・・などなど


■手芸の部■
 刺繍 ビーズ パッチワーク キルト 創作人形 ぬいぐるみ 編み物 デコ
 刺し子 ・・・などなど


■パフォーマンスの部■
日本の伝統
 茶道 香道 競技かるた百人一首 空手「形」・・・などなど
大道芸
 ジャグリング クラウン アクロバット スタチュー パテット スティルト 
 シガーボックス バルーン ・・・などなど

懐かしい遊び
 けん玉 あやとり お手玉 おはじき 紙飛行機 コマ回し メンコ・・・などなど

ノンジャンル
 朗読 コスプレ トイレットペーパーミイラ アクションペインティング 褒め道
 妙な特技・・・などなど

   えっ? 朗読がなぜ、こんなところに?
    何かの弾みです。深く考えないで下さい。

   えっ? 褒め道? 人を褒め倒す。
    自分を褒めそやす。全身全霊かけて褒める芸です。

   えっ? 妙な特技ですか?
   うーん、指が手の甲につくくらい反るとか。見る人を感動させてくれるなら、
   まさに、何でもあり。


■コレクションの部■
 石ころ 映画ポスター 切手 海からの漂着物  昆虫 古美術品 割り箸の袋
 レコード ・・・などなど 


  参加申し込み方法は次の記事です。→みなさん一緒にやりましょう!!



posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 22:02|   ├「やってみたいことリスト」