2017年02月04日

ウォーキングしていますか? その1


自分のペースで好きな時間に好きなところででき、体力強化、体温上昇、免疫力向上、心を前向きにするなどの効果が抜群。おそらく数あるガンを治す自助療法のなかでもナンバーワンがウォーキング。 〈治ったさん〉の体験談には、必ずと言っていいほど、とっておきのすてきなコースとともに登場します。さて、『いのちの田圃』の仲間はどんなウォーキングを楽しんでいるのでしょう。…アンケートを実施して、たくさんの回答をいただきました。その結果をご紹介します。

♫どのぐらい続けていますか?

始めて半月ほどの方から、15年以上続けている方まで。なかには20〜40年と答えた方も。


♫何分ぐらい歩いていますか?

ほとんどの方は毎日早朝ウォーキングをしていて、朝と午後あるいは夕方の2回の方も。1回に歩く時間は30分〜60分が最も多い。週に1回と決めて2時間から時には3〜5時間歩くという方、また、一日2回合計3時間歩くという方もいて、体力や環境に合わせて実に様々。

♫ウォーキング中、どんなことを考えていますか?

◆何も考えない、自然を楽しむなど
ウォーキング中の心の中は〈無〉に等しい/何も考えず、季節の移ろいを楽しんでいる/風を感じ、空を見上げ草花を眺め、鳥のさえずりを聞き、後はひたすら歩く
…歩くことに没頭している姿が目に見えるようです。

◆ガンが治ったときなどをイメージ
今までの人生で一番良い日になるとイメージ/治ったコールを毎日発声/治ったイメージ、感謝の言葉、日めくりの言葉を繰り返す/講演会で〈治ったさん〉バッヂを胸につけていただきスピーチする自分を想像する/ガンが治ったら、親友の所属するライオンズクラブで講演することになっているので、そのときのことをイメージする
…とっても具体的なイメージですね。

◆感謝や感動
自然の恵みに感謝と感動/家族や周りの人に声を出して感謝/亡き人のことを思い、話しかける/自助療法をやれている奇跡を感じている/朝を迎えられること、歩けること、朝の清々しい気持ちと澄んだ空気に感謝

◆楽しいこと、アイデアを考える
その日のスケジュールや心の整理/自分に足りないもの探し/今日会う人と楽しい会話をするための話題を考える/マインドマップの未来予想図に描いた自分を想像し、ワクワクする
…その他料理のメニュー、カード作りのデザイン、今日の楽しみを考える方。「歩くにつれて心身の幸福感が増す」とは〈治ったさん〉の言葉。


◆ウォーキングの効果を上げるために、工夫していることは?

◆負荷をかける
汗ばむぐらいの早歩き/ときどき軽いランニングをする/両手両足をしっかり動かす/歌を歌いながら歩幅も大きく/なるべく坂道、階段の多いコースを選ぶ/時にはつま先立って歩く/ダンベルや鉄アレイを持つ/腹式呼吸で背筋を伸ばす/手のひらをグーパーしながら歩く/足の5本の指がしっかり大地を踏みしめるようにして軽快に/正しい姿勢と歩き方を意識する
…いろいろ工夫されています。「〈治ったさん〉の山本修さんがペットボトルを入れたリュックを背負うのを参考にして胴1キロ、足首1キロのウエイト、手には800gのダンベルを持つ」という方も。一方ではウエイトを使っていたが、自然に胸を張って歩くようになったという方もあり、様々な工夫がうかがえます。

◆体操などをつけ加える
準備体操、腹式呼吸、ラジオ体操、ヨガの呼吸法、あいうべ体操などをする/イメージ療法、オリジナルの呪文を唱える/右足、左足それぞれに「ありがとう!ありがとう!」と言いながら歩く/ウォーキングのあと体温アップのために縄跳びをする

◆身体と対話する
足のむくみ、腫れなどの具合により距離、時間を決めている。体調の悪いときは室内の廊下を歩くときも/少し歩くとその日の身体の様子が分かるので、身体が軽いとスロージョギング、腰のあたりがすっきりしないと里芋パスタ、身体が重く感じられると、その日はのんびり音楽を聞くなど身体と対話

◆こころに効く工夫
松の大木に抱きついてエネルギーをもらう/すれ違う人にできるだけあいさつし、朝のスタートを大事にする
…山本修さんのように大笑いしたり、あこがれの〈治ったさん〉をしっかりイメージしている方も多い。

(つづく)
posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 19:14| 自分で主義

2015年10月07日

責任を取れば、あなたは治る


「責任を取る」…この言葉は、ガンの患者学研究所の重要なキーワードです。

『ガンは、何かの悪い偶然でできたものではない。他ならぬ、あなた自
身の間違った生活習慣が作った。
 だから、自分が作ったガンは、自分で治す……』(川竹文夫著『すべては、あなたが治るため』より

 この言葉の意味をしっかり学べば、ガンを治せるチャンスが大きく広がります。たくさんの〈治ったさん〉たちの体験が教えてくれています。
 以下はNPO法人ガンの患者学研究所代表川竹文夫著『すべては、あなたが治るため』からの抜粋です。

naorutame.jpg
 
*************************************







[ガンは生活習慣病]

 では、責任を取るとは、一体、どういうことか?
 〈生活習慣病〉という言葉があります。糖尿病、痛風、リュウマチ、高脂血症、心筋梗塞、脳梗塞など、以前は、〈成人病〉と呼ばれていた病気のことです。
 しかし成人病と呼んでいては、患者さんは「歳のせいだから仕方ない」と、投げやりになりがちです。
 そこで、日野原重明さん(百歳を超えた今も現役の高名な医者)が、長年国に働きかけた結果、〈生活習慣病〉と呼び変えることになったのです。
 そのおかげで、次の二つのことが、ハッキリとなりました。
一、病気を作った原因は、患者自身の間違った生活習慣にある。
二、病気を治すために最も重要なことは、間違った生活習慣を改める、患者自身の努力である。
 そして私は、ガンは、この生活習慣病の典型であると考えています(国立がんセンターもこのことを認めています)。

 [ガンは、自分で治せる]

 ガンは、何かの悪い偶然でできたものではない。他ならぬ、あなた自
身の間違った生活習慣が作った。
 だから、自分が作ったガンは、自分で治す……これが、〈責任を取る〉ということなのです。 
 あなたを責めるのでは決してありません。〈責任を取る〉ことで、あなたの治るチャンスがぐっと広がる……理論から経験から、そう確信するからこそ、言うのです。 
 ただ医者任せにして、手術や放射線や、抗ガン剤だけで治そうとしては駄目。と言っても、もちろん病院に行くなとか、医者にかかるななどと無茶を言うつもりはありません。生活習慣を改めない限り、どんな最新の治療法も新薬も、本当の役にはたたない…そう言いたいのです。
 かけがえのない自分の身体、たった一つの自分の命に対して、責任を取ろう。治すためには、自分でできる努力を惜しむな……そうすれば、たとえどんなに末期でも大丈夫、きっと、自分で治せるのです。
 
posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 07:43| 自分で主義

2015年04月14日

ああ夢見心地。全身生姜罨法で「治る力」を一気に引き出せ

頭からつま先まで、全身をタオルでくるんで優しく蒸すのが、全身生姜罨法。熱と湿度と生姜の香り…三つの快が絶妙にとけあうとき、あなたは夢見心地で、大量の汗を出す、毒素を出す、ストレスだって出す。
一般的に知られている生姜罨法は、身体の一部を温めるだけ。しかし市川式では、熱い生姜湯で絞ったタオルで、足から顔まで全身をくるむので、全身を優しく蒸し上げられるような気持ち良さです。

治る力51NGX7R0W0L._SX258_BO1,204,203,200_.jpg


そんなとき、全身を包むこのやり方は、一種のショック療法的な効果も十分。といっても、辛いものではまったくありません。全身を蒸すように温めるので、最初はやや息苦しさを感じる患者さんも稀にはいますが、やがて、ぐっすりと寝入ってしまうほど気持ちのいいものです。
顔から足まで大量の汗が吹き出て、60兆個の細胞がプチプチと音をたててよみがえってくるような、そんな爽快感を味わうことができるでしょう。
大量のタオルを使うなど、ちょっと大掛かりになりますが、その普段と違う雰囲気がまた、一層の期待感をかき立て、免疫を上げてくれるのです。
「生き返ったぁ!」「自分を見直した」「生まれ変わったみたい」手当て実習会では、患者さんのこんな感動の声が弾けます。
手当てをしてあげた方、どうか、患者さんのどんな小さな変化も見逃さず、一緒に喜び合ってあげて下さい。「こんなに顔色がいいのは、久しぶりだね」「これなら、治るね」「すっかり別人みたいだよ」「これだけ汗が出たら、もう大丈夫」たっぷり拍手もしてあげてください。患者さんには、それが何よりの励み。何よりの、治る力になるでしょう。[『治る力 本編』から]
タグ:ガン 治る力
posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 17:26| 自分で主義

2015年04月10日

半身浴の友! 完全防水ブックケース

自分の自然治癒力、免疫を応援するには、半身浴は、欠かせない日課ですね〜。
半身浴のとき、何の本を持って入るかが、密かな楽しみという方も多いのでは?
でも、本が湿気で膨らむのが嫌。うっかり落として悲惨なことになった。図書館の本を持って入りたいけど…、という方にぴったりな便利グッズが話題になっていました。
完全防水なので、お風呂でもビーチ(!)でも、読書ができる。浮き輪の中に本が入る仕組みで、指サック部分があるので親指でページがめくれるらしい。ま、タオルと風呂板で、何か問題が?という方には必要ないですね。

ところで、半身浴は、ひどい痛みが取れたり、<巡らせる>効果絶大。再発予防、腹水・胸水、痛み…どんな人もやらなきゃ損、という半身浴。
方法をおさらいしておきます。湯に入る前は、「干し大根と椎茸のスープ」を飲むのがおすすめ。なければ、せめて自然塩をひとつまみ入れた水で水分補給を。お湯は、38℃から41℃くらいのぬるめで。お湯はみぞおちからへその間まで。その際、腕は湯から出す。手が温まると体全体が温まったと身体は錯覚するらしいのです。時間は、汗が出るまで気長に。20分と言わず、何時間でも。
入っていると取れる痛みが、出るとまたぶり返すときは、また入り、痛みを和らげましょう。痛みの程度や感じ方が変わり、ついに痛みが完全に消える時が来るまで繰り返すのがポイントです。[『治る力』本編から]
posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 12:14| 自分で主義

2015年04月06日

<治らない>を<治る>に変える

<宣言>
ガンは治る。あらゆる病も治る。それがいのちの本質だからだ。
Weller Than Well(ウェラー・ザン・ウェル)
美しいこの言葉は、病や挫折の向こうにこそ、真の健康と幸福が待っているという。
今は受け入れがたい運命も、大きな恵みだったと言える日が、必ず来ることを教えている。
どんなに酷烈な困難や絶望からも、人は育っていくことができるのだ。
私たちは、この絶対の真理を、どこまでも真っすぐに見つめていきたい。

阿部カツ子さんabeaktukosan-thumbnail2.jpg


この宣言は、会報誌『いのちの田圃』の巻頭言よりまだ巻頭、目次の上に毎月載っているガン患研の礎です。
毎日、この巻頭言を唱えながら、朝の散歩を続けておられるのが阿部カツ子さん。
初めて手にした『いのちの田圃」46号、阿部さんに、この宣言が強く飛び込んできたそうです。
「この<治る>という言葉を毎日毎日自分の心に届ければ、心の中にしつこくこびりついている<治らない>という言葉を<治る>に書き換えられると思ったからです。
でも、そんなに甘くはなかった。1ヶ月や2ヶ月で変わるものじゃなく、まわりに不幸があればすぐに心がゆらぎました。それで朝だけでなくちょっとした時間があれば宣言を唱え続けて、2年。ようやく<治る>に置き換えられたという確信ができました。ノートに記していたので、数えてみたら、1万回唱えていました。」
「もうやらなくていいんじゃない、とよく言われますが、今も続けています」と平然と言われる阿部さんです。あれから8年。もう、2万回でしょうか![いのちの田圃171号から]
posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 18:00| 自分で主義