2020年07月16日

235号『いのちの田圃』カラーの表紙画でイメージ一新!


 田圃235_表1.jpg














先月号からカラー表紙になった『いのちの田圃(たんぼ』。今月235号は、〈治ったさん〉の太田和江さんの表紙画でお届けです。表紙を見ているだけで、心がじんわり温まり、体の芯から元気がみなぎってきそう!

♡表紙に寄せて

 温かさの記憶

   知らなかった

   梅干しが
   太陽の
   お母さんだったなんて…
   今日の今日まで
   まったく

   遠い日に
   心いっぱい
   抱きしめてもらった
   温かさの記憶

   その……
   何千倍の温かさで
   お母さんを
   包もうと

   ああ
   会いに来たんだね
   今朝も君は……
   
   梅干しが
   太陽の
   お母さんだったなんで………

 
N P O法人ガンの患者学研究所代表 川竹 文夫


♡好評大型連載『いのちの太陽たち』はなんと、表紙画を描いてくださった、太田和江さんです!
太田さんは、2013年大腸ガンV期。手術後抗ガン剤治療を断り、ガン患研のセミナーやテキストで徹底して学び、がむしゃらに実践を続けました。見事〈治ったさん〉の認定を受け、新しい人生を歩んでいます。
若くしてディスプレー専門の会社を起こし、仕事一筋に頑張ってきて、思ってもみなかったガンの診断を受けました。ガンになり、自分で治す努力を通して大きな気づきをし、今では「ガンになる前とそれ以後は、全く違った世界」と言います。

♡大募集! こういう時だからこそ『元気プロジェクト』
コロナ禍で続く自粛生活。鬱々としがちですが、とにかく元気になるために、みなさんどんなことをしてますか? 『いのちの田圃』の仲間たちが、そんな呼びかけに応えて、投稿してくださった、名付けて「元気プロジェクト」の数々をご紹介。

posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 15:36| 月刊『いのちの田圃(たんぼ)』

2020年06月22日

『いのちの田圃』234号、カラー表紙で刊行!


 田圃234_表1.jpg













『いのちの田圃』の表紙が、今月号からカラーになりました!
こういう時こそ、元気を届けたい…!! まず最初は〈治ったさん〉たちの笑顔の写真!


         コロナ禍に閉じ込められた今こそ……。
     〈治ったさん〉の笑顔、笑顔、笑顔で、表紙を飾りたかった!
       人は笑いながら、不安に心ふさぐことはできない。
      人を責めたり、疑心暗鬼に陥ったり、決してできない。
      人が笑いながらできるのは、飛翔することだけである。
   人に翼を与え、身体もろとも、高く朗らかに飛翔することだけである。
     ウェラーザンウェルへ! 先輩たちの、この笑顔と共に!

                                  NPO法人ガンの患者学研究所代表 川竹文夫「表紙の言葉」より

また、巻頭企画は、コロナ禍を巡って「一緒に天邪鬼、どうですか?」

代表川竹の渾身の作!
「〜〜こんなときこそ私の出番。あえて世間に棹さして、天邪鬼なクセ球でピリピリ空気を撹乱すれば…みんなの心に少しは新鮮な風が入り、冷静になるかもしてないと思い立ち、たった今、パソコンのキーを叩き始めた次第。「落ち着こうよ」と自分自身にもささやきながら…。」 本文より


手当て界の若手第一人者、大石一朗先生の好評連載、「とっておき〈治る力〉」
今回は
「新型コロナウィルスに負けない身体の整え方!!」
…代謝をよくして免疫力を高める、具体的な方法を教えてくださっています。


posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 16:10| 月刊『いのちの田圃(たんぼ)』

2020年04月22日

『いのちの田圃(たんぼ)』232号

tanbo223.jpg













『いのちの田圃(たんぼ)』232号発行。会員の皆さんのもとにお届けしました。

◎巻頭企画は代表川竹文夫、渾身の連載「生き方の変え方」第4回
 野心なくして、なんの人生か! (前編)

「彼は野心家だからね」と言えば、その能力に一目おきつつ、一方で、いささか危険な匂いも感じている様子。「なかなか野心的な作品だけれど…」と評すると、大胆な試みは買えるけど、何かが足りないかなと、否定的なニュアンスが漂ってくる。とかく、野心という言葉は難しい。
しかし私は、野心こそ、人生をドラマチックに濃密に演出してくれるものだと信じている。ガンになって、すっかり物分かりの良い子になった読者諸君、我がガン患研では、人生は、これからこそが本番だ。
大いに野心を育てて、寿命の尽きるその瞬間まで、目いっぱい、明るくのたうち回ってみてはどうだろう。

 NPO法人ガンの患者学研究所
 代表 川竹 文夫

〜〜巻頭企画リードより〜〜


◎この号では、2月29日の列島縦断講演会in名古屋レポートが掲載されています。

 講演会当日は、残念ながらコロナウィルスの影響で、参加者は多くはなかったけれど、みなさんとても真剣に代表の話に集中していました。
 この講演会では新たに2名の〈治ったさん〉が誕生しました。そして、東京、福岡などからも先輩〈治ったさん〉たちが大勢駆けつけてくださって、総勢10名ずらっと壇上に…!こんなにたくさんの〈治ったさん〉を眼の前にし、体験をきくことができて、参加者の皆さんは、びっくりされたのではないでしょうか。この講演会をきっかけに治すスイッチが入りますように…!
今回も、名古屋地区の生活クラブなど多くの方々が、「大切なお知らせだ」とチラシ配布にご協力くださいました。心よりお礼申し上げます。


posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 10:17| 月刊『いのちの田圃(たんぼ)』

2019年06月22日

『いのちの田圃(たんぼ)』222号


tanbo222.jpeg













今号は、ガンを治し、輝く人生を手に入れた人たちの感動の体験を紹介するシリーズ「いのちの太陽たち」。U期の胃ガンを、手術をしないで治した小池上さんの貴重なご体験です。
病院の治療を受けず、ガンを治す…一般的にはガンの「自然退縮」と言われていますが、ガン患研では「自助退縮」と呼びます。なにもせずに自然に治ったのではなく、食事や生活習慣を改め、懸命に自助努力を行なってガンを退縮させたのですから。
小池上さんは、なぜ手術をしないことを選び、そして、どのようにして自助退縮したのでしょうか。じっくりお話をお聞きしました。

そして、特別寄稿、玄米菜食研究家高畑康子先生の「夏の簡単料理」。疲れている時、梅雨時の体調がすぐれない時、グレードを保ちつつ「手間を省く」料理の知恵。常備できる味噌、納豆、麹などの発酵食品の助けを借りながら、簡単でおいしい料理で夏を乗り切りたいですね!

posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 15:59| 月刊『いのちの田圃(たんぼ)』

2019年04月30日

『いのちの田圃』220号

田圃220.jpeg













お知らせが遅くなりました!
『いのちの田圃』220号、4月10日発行。
すでに会員さんのお手元に届いています…。


主な内容

巻頭企画…鎌田副代表の渾身の書き下ろし
『大逆転の思考』
 頑張っているのにうまくいかない人(なぜか頑張れない人も)と、着実に成果を積み上げて治る人との差は、「ガン=死」というマイナス・イメージを乗り越えられるかどうかにかかっています。
〜(中略)〜
一刻も早く、「ガン=死」のイメージを吹き飛ばして大逆転してもらうために、今回はタブーとされるようなところまで、あえて踏み込んで考察をしていきます。
覚悟を決めて、読んでください。
〜〜〜本文リードより抜粋〜〜〜


……なかなか治らない…それはなぜか? 大きな壁を乗り越えないとこれ以上前に進めない。では、その大きな壁とは何か? どうやって乗り越えるか? 頑張っている人への心からのエール! 


食べて治す〈食箋〉実習会レポート
「感じて、書いて、口に出す… 〈体感力〉徹底訓練で〈治す力〉跳躍!」

 …去る3月10日〜11日開催された、ガン患研ならではの画期的な〈食箋〉実習会の報告です。
〈食箋〉とは、端的に言って食べる薬。毎日の食事と違って、辛い症状を、緩和してくれる食べ物のこと。
さて、この実習会はどこがどう違うか? やっぱり、〈体感力〉をとても重視していることでしょうか。
〈体感力〉を徹底的に訓練し、飛躍的に治る力をアップさせるために開発されたのです。
治す方法は、様々。新しいやり方がプラス。治る患者さんがどんどん増えますように!!






posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 18:29| 月刊『いのちの田圃(たんぼ)』