■ガン患研オンライン動画有償配信のお知らせ■
動画共有サイトVimeo(ビメオ)にて好評配信中!
 https://vimeo.com/naotta/videos



2022年06月27日

どうして私がガンに? 

  
  〈治ったさん〉座談会
 絶対生きる!
 自分に向き合い、自助療法を
 やり抜き通して掴んだ幸せ!
 
  …その4

…6人の〈治ったさん〉たちに突然つきつけられたガンの診断。
そして治療が始まり、それぞれの形で自助療法に舵をきる…。
さて、6人は、自らのガンの原因をどのように捉えていったのでしょうか。


===========
どうして
私がガンに?
===========


中島さん:神経質で真面目で、納得するまでやるというところがあるので、それがガンの原因かなと思います。それに心の問題がやっぱり一番大きなウエイトを占めていて、自分の思い通りにいかないという不満や苛立ちを、私は食事の方に逃げていたと思います。野菜よりも肉料理、またアルコールやタバコとかよくない食事を長いこと続けていたために発病したのかなと。

市川さん:原因はやっぱり、性格的なところがあると思う。子供の頃から波風たてるのが苦手で、とにかく自分の本音を言わない、ふたをする。だれかの意見にハイハイと言った方が楽だとそういうふうにずっとやってきたんです。

近藤さん:私も相手の要求に応えようとする気の優しさ、というか気の弱さから、自分を押し殺していたところが一番の原因かと思います。

太田さん:原因はいろいろ考えられるけど、やはり、人間関係が一番大きいかな。会社を経営していたので、いつも上に立っていなければならない立場だったし、得意先との関係とか、外注さん、下請けさんとの関係とかいろいろ人間関係で気を遣うことが多かった。自分はひとり取り残された孤独感がどっかにあって、みんなと一緒にはなれない。一緒になって仲間みたいな感じで、もっと和気あいあいとやれたらいいんですけど、仕事上なのでとか、公のことなのでとか、そういう線を自分でひいていた。どこか心寂しく孤独だったかな。

平山さん:自分でもいやなんですけど優等生タイプというか、期待に応えなければいけない、自分でこうしたいと思ったら、そうしなければ気がすまないというところがあり、自分をどんどん追い詰めていったのかな。やるべきことをきちんとできない自分が許せない、そういうところが原因だったのかなと思いますね。

牛尾さん:忘れもしません、心の免疫セミナーでのことです。代表に、「思い当たる問題は、私には一切ありません」と言っちゃったんですよ。それは自分が直面していることから逃げているセリフだと言われまして、結構ガツンときて、それからずっと自分に問いかけ続けました。
これが原因かなと気づいたのはそれから2〜3年経ってから。小学1年から大学までクラス委員をやっていて、自分は優等生でなくてはいけないという意識がすごく強かった。いい人と認められたい、常に優秀だと言われたい、人に負けたくない。競い合って、比べ合って、戦い合って、のし上がるんだというような。そして親を泣かせてはいけないと、反抗したこともない、いい子いい生徒、いいサラリーマンだった。原因はこれかなと思いました。
ところが、今から2年前のこと。キャリアコンサルタントの勉強を始めたときです。カウンセリングのロールプレイをするのですが、相手の言うことが全部、愚痴、泣き言、言い訳に聞こえてしまい、ぐずぐず言わずにやることをやれという気持ちになって、全くカウンセリングにならない。
 私、結構悩んで気づいたのですが、私が私自身にそういうふうに言い聞かせて、60年間生きてきたんだ。自分は弱いところがあるんだよというのを認めない生き方をしていたなって。心の免疫セミナーを受けて5年後、ネガティブな面もあって、初めて一人の人間なんだなということにようやく気づき、今は何があってもいい悪いのジャッジはしないという心ぐせがついてきました。


    (つづく)

posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 16:14| 日記