2019年09月07日

治すために、絶対必要なこと…太田和江入会相談専門委員


senmonin_02.jpg







 太田和江さんは2013年8月、S状結腸ガンV期Bの告知を受け、9月に手術。その後、たまたま以前から知り合いだったある〈治ったさん〉の奧さんに相談したところ、「絶対に医者にかかっちゃダメ!! 一日でも早く、川竹氏のセミナーを受けなさい!」と言われました。その方はご主人の前立腺ガンを、二人三脚で消滅させた経験をお持ちで、すごい迫力だったとか。
 ちょうどタイミングよく、ガン患研主催の列島縦断講演会があり、太田さんはさっそく参加。川竹代表の話を聞き、即入会。その後は片っ端からガン患研のセミナーを受講しました。そして「私は治るんだ、絶対治るんだ」という強い気持ちを持ち続け、病院では検査だけで、治療は一切受けず、見事〈治ったさん〉になられました。 

 太田さんは、先輩の〈治ったさん〉の奧さんの言葉にとても大きな勇気をもらったことに心より感謝し、自分も、ガンになったばかりの方にお役にたちたいと、入会相談専門委員を引き受けてくださいました。
 太田さんは、自分の経験から、ガンを治すため必要なことは「絶対治るんだ!」という強い気持ちを持つこと。そして、その気持ちを持続させるために、治す仲間がいることだと言います。そうして、たくさんの治す仲間と〈治ったさん〉が存在することで、笑顔の革命(たくさんの人がガンを治し、健康で幸せになることで、日本のガン治療に革命を起こすこと)を実現させたいと願っています。

 毎月数回、名古屋地区でガン患研の無料配布誌『すべては、あなたが治るため』の街頭配布に取り組んできてくださっているので、名古屋地区にお住いの方は、いつか、どこかの街角で、太田さんの笑顔に出会えるかもしれませんね!

posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 16:44| Comment(0) | 『いのちの田圃』編集部です
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: