2016年05月28日

四つ葉四つ葉続!〈治ったさん〉速報〜〜〜〜四つ葉四つ葉四つ葉

昨日の列島縦断講演会イン東京にて江幡佐和子さんが見事!
〈治ったさん〉になられましたぁ。

2009年11月ガン性腹膜炎、腹膜偽粘液腫W期、手術をするも余命宣告数か月、長くて2年と告げられていた江幡さんです。
このままではいけないと仕事を辞め、玄米菜食に切り替え、ライフスタイルを変えました。

しかし介護生活だけはやめられなかったそうです。ガンを抱えながらご自宅でお父様とご主人を看取られ、精神的に疲れてしまっていたその頃、身体に異変が起こったのです。腹水によって妊婦のようなお腹に。そして再手術。一時は尿も便も出なくなるほど、重篤な身体になられたそうです。

2012年6月、ガンの患研学研究所に入会しセミナーに出て川竹代表に喝をいれられたことで猛勉強を開始。ガンの患者学研究所の日めくりカレンダーの言葉をコツコツ書き写し毎日ご自分の心に向き合ったと言います。その日めくりカレンダーの最後にある川竹代表の写真を見て、ガンに負けるものか!と自分に気合を入れて頑張られました。

認定式ではハンカチで涙をぬぐう場面も。
辛いとき、心が折れそうになったとき、自分に負けないために替え歌を作って歌っていたと言います。その歌を会場のみなさんと一緒に歌いました。
ザードの『負けないで』の替え歌です。

♪  負けないで もう少し 最後まで走り抜けて
    どんなにガンがあっても 心は強くいてね
     追いかけて治る日を〜〜〜!      ♪

彼女の元気な歌声が会場中に響き渡りました。

見事 余命宣告をはねのけ、元気いっぱいの治ったさんになられた江幡さん!
輝く笑顔と歌声は私たちに最高の贈り物を届けて下さいました。

ガンをはねのけ生き抜く力をありがとうございます!
そして心から、おめでとうございます!!!
0528.jpg








posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 00:00| 列島縦断講演会