2016年01月23日

《21日に行われた街頭配布のご報告!!》

深澤支部長からメールをいただきましたので
ご紹介させていただきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
当時は7名の会員ボランティアの参加により
無事、250部配布することが出来ました。

ガンセンターで、告知され手術を勧められた方がいました。
ほんの少し前に告知されたばかりなのでしょう。
涙をうっすら浮かべていました。

冊子を手にしながら
「手術することになったんです」とポツリ。
「大丈夫。よく読んでください。治りますよ。
あそこで配布している方は、医者から見放されて、でもこの冊子に出会って
自らの力で治した方なんですよ」とできる限り言葉と目に力を込めて言いました。
言葉にならないほんの一寸した沈黙に、私の心が通じたように思えました。

一旦、通り過ぎて、かなり時間が経ってから走って戻ってきた女性の方が
「気になって、もらいに来ました。友達の分もいいですか」と3冊持って行かれました。
目がきらきらしていました。もらいに戻ってきて良かった。出会いを無駄にしないで良かった。
そんな、目でした。

全くの赤の他人と一瞬で心が通い合う。涙を浮かべながらも、口元に「治る、絶対に治してやる」
との想いが見て取れる。何とも言えない暖かいものが胸に宿った瞬間でした。

朝散歩をしているとき、思い描いています。
小林さん、柳澤さんと一緒に笑顔で働いている姿を。
あーだこーだ言いながら、でも笑顔で。
治った人の報告が来るたびに、ハイタッチ。
側では、代表、副代表が満面の笑顔。

今、絶好調。一気に治します。

深澤 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ご報告ありがとうございます。
最後の6行は私の心にググーッときました。
と同時に共にその場面が一瞬にして共有できました。

2013年前立腺がんステージW手術不能といわれていた深澤さんは
コツコツとたゆまぬ自助努力を積み重ね、今 藤沢支部長として、利他に邁進されています。 必ず治ったさんになってほしい!いえきっとなれます!
そして、
見たこともない素晴らしい
まっさらな人生を共に歩んでいきた〜い!!必ず!!!

小林
posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 00:00| 『治るため』街頭配布