2014年11月10日

〈笑顔の革命〉へ 川竹文夫

ウェラー・ザン・ウェル学会シンポジウム(12月13日〜14日)に向けて、理事長川竹文夫からのメッセージをお届けします。

*******************************************

 かつて私たちは、黒い雲からこぼれ落ちた孤独な涙。暗く果てなく広がる空を見渡せば、何十万何百万の涙が落ちているというのに、一つひとつは、まったく孤独なままだったのです。けれど、この二日間、共に学びを深めた今、孤独な涙は、どこにも見当たりません・・・。
 勇気と希望に満ち、何よりも、独自の、治す技術と哲学の、最初の一ページを刻んだ誇りに輝く涙ばかり。患者と医療者が共に笑顔に包まれる〈笑顔の革命〉が、妄想だと一蹴されてきた〈笑顔の革命〉が、いよいよ具体的なスケジュールにのぼってきたのです。
・・・こんな風に、力強く締めくくれるように、みなさん一人ひとりが持っている力をすべて持ち寄り、手をつなぎ、二日間、頑張りましょう!!!

理事長 川竹文夫




posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 04:17| メッセージ