2017年04月18日

冷たい雨の中、温かい出会い!


naorutame.jpg

   4月1日 JR名古屋桜通口 
   『治るため』街頭配布報告
 






 今朝の名古屋は冷たい雨が ポツ、ポツ 。桜 チラホラ。4月を迎え新しいスタートが始まりました。8時15分名古屋駅前、まだ人通りの少ない中、小松さんが元気に参加して下さいました。嬉しくて思わずハグ。黒木さんは毎回、本やノボリなどを自家用車に積んで、三重県から来て下さいます。名古屋の街頭配布は、黒木さんご夫婦の献身的な参加で成り立っています。黒木さんいつも、いつも、有り難うございます!

 今回のレポートは、本「すべては、あなたが治るため」を受け取って下さった方との会話です。
 小学生の女の子が静かに歩みを止めました。「お家の方に持っていってあげて」すると「はい」と遠慮がちに本を受け取ってくれました。「家族の方とか、親戚にガンの人はいませんか?」と聞きました。そこから女の子のお話しが始まったのです。「私が小学2年生の時に、おじいちゃんが腎臓ガンになって、骨に転移して、細胞まで広がって、私が4年生になった時に死にました」お葬式の様子も話してくれました。そして、手にしていた「すべては、あなたが治るため」を返そうと迷いながら、なおも「こういう本とか、お父さんが、絶対見たくないと言っているので持って帰れないです」。と、本を返そうとするのです。おじいちゃんのことで、ガンに対する怖いイメージを変えて欲しいと思い「あなただけでも読んでみたらどう?」と勧めると「ウン」と言って上着の内側に忍ばせるようにして、もらってくれました。

 引き続き「無料配布しています!」と、こちらの声が届いたその時、チラリと一瞥され「一冊もらえますか?」と60代と見える男性でした。お話は「1月に姉が膵臓ガンにかかりまして、2ヶ月で逝ってしまいました。早かったです。ステージWでした」と、無念さを語って下さいました。
 毎回いろいろな出会いがあります。 

 そして8時45分頃でしょうか「がんばってますね」とニコニコ、言葉がけをして下さる出勤中の男性。この場所、この時間でお目にかかるのが4回目でしょうか。半年前の街頭が初めての会話でした。ご自身も元ガン患者さんでしたが、今は仕事にも復帰されて元気なこと。また、「すべては、あなたが治るため」を読まれた感想も「すばらしい本ですね」とのお言葉を頂きました。
 街頭での温かい出会いのドラマは、やっていて良かった!緊張や不安な気持ちも明るく前向きにチェンジさせてくれ、心を育ててくれるように思います。

(名古屋)
普及拠点リーダー
太田和江
posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 15:31| 『治るため』街頭配布

2017年04月01日

3月22日、横浜で街頭配布をしました!



IMG_0862.JPG








3月22日に横浜の二俣川で『すべては、あなたが治るため』の配布を行いました。
前日の雨がウソのように、当日は晴天に恵まれ、140部配布することができました。
参加された方の感想をご紹介します。

☆初めて街頭配布に参加して☆

今回初めて街頭配布に参加させて頂きました。ガン患研の存在はネット検索でたまたま知りましたが、告知からガン患研と出会うまでの1ヶ月半は私にとってとても辛い時間でした。もしあの時出会えていなければ…。つくづく、あれが私にとって本当に大きな分岐点だったんだと実感する毎日です。
ガンになってから沢山の方に励まして貰ったり助けて貰ったりしている中、私も少しでも人の為に何かしたいと思い参加させて頂きました。
何人かの方が足を止めて質問して下さいましたが、上手く説明する事が出来ず、もどかしさが込み上げてきました。次回参加する時にはもっと理解を深め、少しでも多くの方に出会いをご提供するお手伝いが出来ればと思います。
迫田

IMG_0861.JPG
IMG_0860.JPG
IMG_0859.JPG












posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 06:34| 『治るため』街頭配布