2019年11月04日

「〈手当て〉。尊厳に至る道」 その1

〈手当て〉とは、身近にある自然の素材を使う民間療法の一つで、古来、連綿として伝えられてきたものです。
ビワの葉の温灸、ビワ葉コンニャク、里芋パスタなど、こんなものでよくなるのか? と思えるものばかりですが、実際やってみるとびっくりするほど素晴らしい効果を発揮します。
痛みがやわらぎ、身体を温め、気持ちよく免疫をあげてくれます。それに副作用がなく、あまりお金がかかりません。免疫が上がるので、再発予防にも役立つのです。
そして何より、ガンを治すために自分でできることがあること! 自分にはなにもできないという無力感から救われ、明日に希望がうまれます。
今回から、N P O法人ガンの患者学研究所代表の川竹文夫が書いた、『〈手当て〉。尊厳に至る道』を数回に渡って掲載します。 


「〈手当て〉。尊厳に至る道」 その1
N P O法人ガンの患者学研究所代表 川竹文夫

 ガンだと告げられた瞬間から、多くの人は、未来と過去が、同時に失われる予感に苦しみ始める。
 夢、計画、希望。地位、身分、業績、家庭。すべてが、音をたてて崩れるような・・・。
 だが、それ以上に苦痛なのは、心の底に巣くう、無力感である。
 自らの命の危機を目のあたりにしながら、自分ではどうすることもできない。昨日まで顔も名前も知らなかった医者という赤の他人に、運命も、人生も、すべてを預けるしか能のない、自分がそこにいるのだ。
 以前の私が、まさに、そうだった。口にこそ出さないが、心はいつも、「先生だけが頼りです」。
 それは、〈生の尊厳〉の、深い傷つきではなかったか。
 けれど、今の私は、ガンは、自分で治せるものだという確信がある。進行の度合いにも、何回目の再発であるかにも、一切関係なくだ。いや、それ以前に、自分を二度とガンにはしないという、自分自身への信頼がある。
 失われた〈生の尊厳〉は、回復されたのだ。
 では、どのようにして・・・?
 玄米菜食との出会い。そして、〈手当て〉を知ったこと。それが、そのすべての始まりだった気がする。
 ライフスタイルを整え、食生活を改め、心の持ち方を変える。ガンの原因を取りのぞきつつ、〈手当て〉で、体質改善の後押しをしてきた。
 そして、今、思う。
 無力感の克服と、〈生の尊厳〉の回復こそ、すべてのガン患者の未来にとって、最も大切なことの一つなのだと。
 今号では、そんな視点から、〈自助療法〉の主要な一つ、手当てについて書く。
(つづく)

※この記事は『いのちの田圃』16号(2002年 4月号)に掲載したものです。


posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 12:21| 日記

2019年09月17日

列島縦断講演会in福岡 おかげさまで大盛況でした!

 9月14日、福岡市中央区の電気ビルで開催された、列島縦断講演会は、8月になってお申し込みがグングン増え、会場のキャパを越えてしまい、広い会場を借りかえることに。
幸いあらかじめ予定していた会場のすぐ隣だったので、混乱はまったくなく開催することができました。

 笑いと拍手、そして〈治ったさん〉の体験に涙しながら、参加された方々は、みなさん終始真剣に耳を傾け、治る希望を掴んでくださったに違いありません。

 開催に先立って、福岡支部のみなさんが、『すべては、あなたが治るため』と講演会のパンフレットの街頭配布をしてくださいました。また、当日は、〈治ったさん〉が10人も駆けつけてくださり、福岡支部のみなさんとともに、講演会の運営スタッフとして力を貸してくださいました。みなさまのご協力、本当にありがとうございました。

posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 16:57| お知らせ

2019年09月07日

治すために、絶対必要なこと…太田和江入会相談専門委員


senmonin_02.jpg







 太田和江さんは2013年8月、S状結腸ガンV期Bの告知を受け、9月に手術。その後、たまたま以前から知り合いだったある〈治ったさん〉の奧さんに相談したところ、「絶対に医者にかかっちゃダメ!! 一日でも早く、川竹氏のセミナーを受けなさい!」と言われました。その方はご主人の前立腺ガンを、二人三脚で消滅させた経験をお持ちで、すごい迫力だったとか。
 ちょうどタイミングよく、ガン患研主催の列島縦断講演会があり、太田さんはさっそく参加。川竹代表の話を聞き、即入会。その後は片っ端からガン患研のセミナーを受講しました。そして「私は治るんだ、絶対治るんだ」という強い気持ちを持ち続け、病院では検査だけで、治療は一切受けず、見事〈治ったさん〉になられました。 

 太田さんは、先輩の〈治ったさん〉の奧さんの言葉にとても大きな勇気をもらったことに心より感謝し、自分も、ガンになったばかりの方にお役にたちたいと、入会相談専門委員を引き受けてくださいました。
 太田さんは、自分の経験から、ガンを治すため必要なことは「絶対治るんだ!」という強い気持ちを持つこと。そして、その気持ちを持続させるために、治す仲間がいることだと言います。そうして、たくさんの治す仲間と〈治ったさん〉が存在することで、笑顔の革命(たくさんの人がガンを治し、健康で幸せになることで、日本のガン治療に革命を起こすこと)を実現させたいと願っています。

 毎月数回、名古屋地区でガン患研の無料配布誌『すべては、あなたが治るため』の街頭配布に取り組んできてくださっているので、名古屋地区にお住いの方は、いつか、どこかの街角で、太田さんの笑顔に出会えるかもしれませんね!

posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 16:44| Comment(0) | 『いのちの田圃』編集部です