2017年05月25日

待望の新刊本!『どんなガンでも、自分で治せる!』

ついに、刊行! 治る真実、人生を賭けた人間ドラマが、今、ここに!

5123OogNO0L._SX328_BO1,204,203,200_.jpg













『どんなガンでも、自分で治せる!〜治った先輩、その方法を教えてください〜
 川竹文夫編著 三五館刊 定価1500円+税

末期のガン、転移の痛み、副作用の苦しみを経験した〈これからさん〉5人が、自分で治した先輩たちに、あなたに代わって徹底取材! そして川竹文夫が〈治ったさん〉お一人おひとりの体験を、敬意を込めて考察!

☆全国の書店、Amazonで発売中!

→Amazonでのご購入はこちらから 
https://www.amazon.co.jp/dp/4883207021/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1495674612&sr=1-1&keywords=%E5%B7%9D%E7%AB%B9%E6%96%87%E5%A4%AB

posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 10:52| お知らせ

2017年05月15日

〈語り部〉谷口実知子さん、渡邉雅則さん

いつでも、何回でも、〈治ったさん〉に会える! YouTubeで治るシャワーをいっぱい浴びて、〈治ったさん〉たちに続きましょう!

谷口実知子さんと渡邉雅則さんをYouTubeにアップしました!

スクリーンショット 谷口さん .png
 







 ここをクリックしてください。→ https://youtu.be/OaMBw4A-5Yc

〈語り部〉谷口実知子さん
  2009年 子宮体ガン ホルモン療法を受けるが半年後、顔つきの悪いガン(G2)が見つかり、至急全摘手術を勧められる。このまま医者のいう通りにしていたら、命まで持っていかれると思った谷口さんは大きな決断をします。

スクリーンショット 渡邉さん.png








 ここをクリックしてください。→ https://youtu.be/MUWR9hGw2p0

〈語り部〉渡邉雅則さん
 2009年 下行結腸ガンW期 2年後にS状結腸ガンV期。
 大きな危機に直面した渡邉さんは、それまで実践が不十分だったことと抗ガン剤の悪影響が原因と分析。
 ここから治るスイッチが入ったといいます。

posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 06:46| 笑顔の虹〈語り部〉

2017年05月13日

毎月1日は、笑顔の革命実践の日!


5月の配布1.jpg 












Golden Week! 今朝、街の様子はどうなっているでしょうか? 名古屋駅前とあって、いつもはビジネスマン、学生、家族、旅行者、就活中のスーツ姿、買い物、お出掛けと、スタイルも目的もバラバラです。いつもと違う今日。どこかのんびり、ゆったり。そよぐ風も心地よし。そして思い出していました、寒〜い今年の1月、名古屋大学医学部付属病院前の街頭配布。なんと6人で320冊。参加者ひとりひとりが夢中で配布した結果でした。そんな日も有りましたが、本日はあいにく、手持ちが50冊の「あなたが治るため」を45分で配布しました。
 今回は林さんから感想文を頂きました。最近、すっかりお元気になられた林さん。
「どうぞ!」と差し出すだけなのに、これまで一人で100冊とか、手渡しされている林さんです。林さんの笑顔にただただ、励まされています。いつも、有り難うございます。
5月の配布2.jpg












 毎月1日は、笑顔の革命実践の日です。午前8時10分、名古屋駅前で、ガン患研ののぼりを立て、ピンクのユニフォームと帽子をかぶって、本「すべてはあなたが治るため」を配布します。連休中ということもあり、通行人もまばらです。太田さん、小松さんと私の三人です。「本も50冊で少ないので、丁寧に配ろう」と担当の太田さんが指示をされましたので、話ができる人は話しかけました。なじみの人も増え声をかけてくださいます。笑顔で、相手の目を見て、「ありがとうございます」と言って、手渡すと喜んで受け取ってもらえます。ある女性は、「私も胃ガンになる前に治りましたけど、40代の甥が脳腫瘍で病院に入院をしており、心配です。彼は2回ほどガンの手術をし、小さい子供を抱えて苦労しています」と話ができました。本をよく読んで治っていただくことを祈りながら別れました。楽しんで、「笑顔の革命」と「恩送り」を続けていきたいと思っています。
林志郎


posted by NPO法人 ガンの患者学研究所 ガン患研 at 13:32| 『治るため』街頭配布